劇場版『鬼滅の刃』煉獄さんに学ぶ、真のリーダーとしての心構え5選

(この記事は、2021年10月15日に更新しました。)
『リーダーとは何か?』
これはリーダーを目指している者、既にリーダーの職についている者、双方が考え続けている1つの問いである。

 

世界には、参考にできるかっこいいリーダーがたくさんいる。

 

会社の先輩や上司、時代をリードし挑戦し続ける経営者、国を代表する一国のリーダーなど、
手に届くかどうかは別として、憧れを持つリーダーを誰もが1人は思い浮かべることができるだろう。

 

また、世界的名著「人を動かす 新装版」を初めとした自己啓発の書籍も数えきれないほど出版されている。

しかし、『リーダーとは何か』というシンプルな問いに明確な答えを持っている人は意外に少ない

 

私もその一人だったが、自分の中で『これか!』と思える答えを、1つの映画の中で得ることができた。

 

それが劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』である。

 

今回は、『炎柱 煉獄杏寿郎』(以下、煉獄さん)に学ぶ真のリーダーとしての心構えについて、
私なりに得た『答え』を、最も感銘を受けた煉獄さんの言葉5つと共に紹介する。

 

  • リーダーを目指している方
  • リーダーとして仲間を率いている方
  • リーダーとしての自分に自信が持てず悩んでいる方

 

鬼滅の刃

 

もはや日本人でこの漫画を知らぬ者はいないくらい有名になったが、少なくとも映画公開前まではここまで爆発的な人気ではなかった。

それがどうだろう。映画配給会社の情報によると、2021年5月23日時点で

 

  • 日本での興行収入:400億円 (歴代第1位)
  • 観客動員数:2897万人

 

こんなぶっ飛んだ人気になることを誰が予想していただろうか。

2021年6月16日にはDVD/ Blu-rayが発売された。

 

映画を観たことが無い方、もう1度観たい方は購入をオススメする。

 

  1. 自己啓発本のように、いつでも手元に置いておける

  2. いつでも好きなときに観ることができる

  3. 好きなだけ観て、もういいかなと思えば売ることもできる

 

レンタルの方がコスパが良さそうに感じる人もいるだろうが、
何度も観ること、そして売却可能な点も含めて考えてみると、むしろ購入する方がコスパが優れていると言える。

 

購入にしろ、レンタルにしろ、将来リーダーを目指している人、既にリーダーとして仲間を率いている人やリーダーとして悩みを抱えている人には何度でも観て欲しい、不朽の名作である。

 

劇場版『鬼滅の刃』煉獄さんに学ぶ、真のリーダーとしての心構え5選

煉獄さんに学ぶ、真のリーダーとしての心構え5選をお伝えしよう。

 

  1. 重要なことは手短に話せ

  2. 信念を持て

  3. 責任を果たせ

  4. 心を燃やせ

  5. 仲間を信じろ

 

この心構えの元になった、『煉獄さんの言葉』を解説していこう。

煉獄さんの言葉5選

煉獄さん

 

真のリーダーとしての心構え5選は、これから紹介する煉獄さんの言葉にヒントを得て、自分なりに解釈してまとめたものである。

ここから先は、煉獄さんの言葉5選を紹介しよう。

 

ここから先はネタバレを含みます。ご注意ください。

 

「余裕はない。手短に話す!」

下弦の壱、魘夢 (えんむ)の催眠術から解け、無限列車の中の鬼を退治する作戦を炭治郎に伝えるときに使った言葉。

 

乗客が鬼に襲われている危機的状況の中で、

冷静さを失わず、戦略を瞬時に導き、それを簡潔明瞭に相手(炭治郎)に伝える精神力と分析力と説明力

 

現代風に置き換えると、「重要なことは手短に話せ!」と解釈できる。

 

危機的状況の中で重要なことを手短に伝えられる者こそ、真のリーダーと言えるだろう。

 

「この少年は弱くない。侮辱するな。何度でも言おう。
君と俺とでは価値基準が違う。俺はいかなる理由があろうとも、鬼にならない!」

怪我をしている炭治郎を見て「弱者は大嫌いだ」と切り捨て、自分に対して「鬼になろう」と誘う猗窩座(あかざ)に対して出した決意の一言。

 

これは心構えとして「信念を持て」ということだろう。

 

どのような甘い誘惑にも負けず、自分の信念を貫ける者こそ、真のリーダーと言えるだろう。

 

「俺は、俺の責務を全うする!ここにいる者は、誰も死なせない!」

重症を負いながらも、最後の力を振り絞って猗窩座(あかざ)に立ち向かっていくときの言葉。

 

現代風に置き換えると、「責任を果たせ」と解釈できる。

 

どのような危機的状況にあっても逃げず、ひるまず、己の務めを果たせる者こそ、真のリーダーと言えるだろう。

 

「己の弱さやふがいなさにどれだけ打ちのめされようと、心を燃やせ。」

死の直前に炭治郎にかけた言葉。

 

「心を燃やせ」

 

情熱を持って心を燃やせる者こそ、真のリーダーと言えるだろう。

 

自分の心が燃えていなければ、他者の心に火をつけることは到底不可能だろう。

 

「俺は信じる、君たちを信じる」

死の直前、炭治郎、善逸、伊之助の3人にかけた最期の言葉。

 

最後の最後まで「仲間を信じる」ことができる者こそ、真のリーダーと言えるだろう。

 

まとめ

summary

 

劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』の煉獄さんに学ぶ、真のリーダーとしての心構え5選を紹介した。

 

リーダーを目指している方、リーダーとして仲間を率いている方、リーダーとしての自分に悩んでいる方は一度、煉獄さんの言葉に耳を傾けてみてはいかがだろうか。

 

  1. 重要なことは手短に話せ

  2. 信念を持て

  3. 責任を果たせ

  4. 心を燃やせ

  5. 仲間を信じろ


鬼滅の刃DVD
フォローはこちらから