3万円超の扇風機『グリーンファン』3年使った私の徹底レビュー【固定費節約】

(この記事は、2021年10月15日に更新しました。)

 

business_man1_3_cry
節約したい人
夏はクーラーに限るんだけど、電気代が結構高くなるんだよな・・。
お手軽に電気代節約できる方法はないかな・・。

 

在宅の仕事が多くなればなるほど、地味に増えてくるのが水道光熱費ですよね。
水道光熱費の中で、圧倒的に節約しやすいのが電気代です。

 

でも、いきなり電気代を節約しよう!と言われてもピンと来ないですよね。
そこで、まずは電気代の中で幅をきかせている「エアコン」に着目するのがオススメです。
エアコンの使用頻度を少なくすれば、確実に電気代を節約することができます。

 

私がオススメするエアコンの使用頻度を少なくするベストな方法は、扇風機を使うことです。

 

今回は、春から秋まで大活躍している、バルミューダの『グリーンファン』を紹介します。

 

  • 夏の電気代を節約したい!
  • エアコンや扇風機の音が気になる
  • 扇風機のデザインってイマイチなものが多いと思う

 

注意事項:暑い夏はムリせず、エアコンを上手に使って切り抜けましょう!

 

超静音扇風機『グリーンファン』

 

 

こちらが今回紹介する商品、「バルミューダ」の「グリーンファン」です。

 

私が購入したのは3年以上前になるので、既に型落ち品ですが、
最新版のモデルはコチラになります▼

 

「どこが違うの!?」と思うくらい、デザインはキープしてます。

 

グリーンファンのすごいところ

まずは、グリーンファンのすごいところを紹介します。

 

  • 静か!(最小運転時は限りなく無音に近い)
  • 電気代が気にならない!(最小運転時はわずか1.5Wの超省エネ設計)
  • 風が気持ちいい!(自然風に限りなく近い)
  • 一目でバルミューダと分かる秀逸なデザイン!

 

とにかく静か!仕事の邪魔にならない!

最小運転ではほとんど風が来ないのでは?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

個人差はありますが、最小運転でも十分風を感じます。

実際この執筆作業をしている間も最小運転で稼働させてます。

 

気になる電気代は?

肝心の電気代ですが、正直に言います。

この扇風機では気にしたことがありません。
最小運転時はわずか1.5Wの超省エネ設計なので、ゼロというわけにはいきませんが、もはや無視できるレベルの電気代しかかかっていません。
エアコンを使い始めると「今月の電気代はいくらだろう・・高そうだな・・」なんて心配が頭をよぎりますが、
扇風機をうまく使っていると、「今月の電気代はどれくらい節約できたかな」と前向きな気持ちになれます。

 

風が気持ちいい!
扇風機の風が苦手と言う人は多いですよね。
このグリーンファンのすごいところは、「限りなく自然風に近い風」が出せるというところ。
普通の扇風機の「あー風が当たってるーー」というあの感じが、このグリーンファンにはありません。
そよ風が心地いいな、という感覚です。
強モードにすればさすがに風が当たってるなと感じるレベルになりますが、
それでも局所的に強い風があたるのではなく、広い範囲に均等に風が吹いている感じで心地いいのです。

デザインがいい!

扇風機って、イマイチなデザインが多いですよね。

昭和な感じのレトロな扇風機も悪くありませんが、部屋に置くものとして考えると、もう少しデザインを気にしたいところです。

古い扇風機
昭和の扇風機はほぼこの形状でした

 

せっかく置くなら、「カッコイイ!」と思えるものを置きたいですよね。

扇風機
スタイリッシュ!

 

グリーンファンのデメリット

次に、このグリーンファンのデメリットについて紹介します。

 

  • 高い!
  • 掃除が大変!
  • 延長ポールが壊れた!

 

高い!

これが一番のデメリットです。

「扇風機に3万円以上も出せるか!」と思われる方がほとんどでしょう。

例えば扇風機とエアコンの併用によって、7月~9月までの3か月間、2000円ずつ電気代を節約できると仮定した場合、

年間の節約は6000円。3万円の元が取れるのは5年後、ということになります。

扇風機は最低10年持って欲しいと考える方がほとんどだと思うので、元は取りやすいと言えます。

 

掃除が大変!

この『グリーンファン』、羽の数は9枚あり、外側のカバーは細かい放射状のデザインとなっています。

ダイレクトに言うと、一般的な形の扇風機と比べて、明らかに掃除が面倒です。

小さめのホウキや雑巾を手に定期的にホコリを払ってやらないと、すぐにホコリだらけになってしまいます。

 

延長ポールが壊れた!

これは想定外の故障でした。

 

この『グリーンファン』、取り外し可能な延長ポールがあり、ロングとショートで使うことが可能なのですが、
その延長ポールが購入して2年ほど経ったときに壊れました。

グリーンファン ポール

 

ロングバージョンにしている状態で、スイッチを入れても「シーン…」。

なんらかの理由で、ポール内部の導電回路がショートしたのだと思いますが、原因不明です。

 

仕方なく、ポール部分は処分し、ショートのみで使うことにしました。

 

扇風機は家電の中でも構造がシンプルなものなので、余程のことが無い限り壊れることは想定しませんよね。

なお、ショートの状態では3年経過した今も元気に動いています。

 

まとめ

summary

 

固定費節約と快適なデスクワークを実現する、超静音扇風機『グリーンファン』を紹介しました。

最後に、この商品のすごいところとデメリットのおさらいです。

 

  • 静か!(最小運転時は限りなく無音に近い)
  • 電気代が気にならない!(最小運転時はわずか1.5Wの超省エネ設計)
  • 風が気持ちいい!(自然風に限りなく近い)
  • 一目でバルミューダと分かる秀逸なデザイン!

 

  • 高い!
  • 掃除が大変!
  • 延長ポールが壊れた!

 

正直高いので、コスパに優れた商品とは言いにくいのですが、購入した瞬間から固定費が節約できて、気持ちいい風を感じることのできる逸品です。

エアコンの電気代を少しでも浮かせたい方、快適な風を感じたい方はぜひ検討してみてください!

超静音扇風機グリーンファン
フォローはこちらから