【面接官直伝】中途面接での意地悪で難しい質問6選とその対策【転職】

(この記事は、2021年10月18日に更新しました。)

 

business_man2_2_shock
転職で面接を受けてる人

「えっ?なにその質問…(心の声)」

 

中途面接で、面接官から想定外の質問が飛んできて、

『ドキッ』

としたことはないでしょうか?

 

転職(中途面接)においてもっとも重要なのは、

『質問に対して的確に回答する能力』です。

 

質問に対しての回答が的を得ていないと、
どんなに経歴がすばらしくても面接官から良い評価は得られません。

 

企業は即戦力となれる人財を求めています。

 

即戦力となりうるのかを確認するため、
意地悪な質問を志望者に投げかけ、その人の実力を慎重に評価するのです。

 

本記事では、中途採用担当の面接官から飛んでくる「意地悪で難しい質問6選」について、回答のコツも合わせて紹介します。

 

  • 面接で緊張しやすい方
  • 想定外の質問を想定内にしておきたい方
  • 意地悪質問に、サラっと回答したい方

 

<注記>
面接官も単なる一般人ですから、1人1人考え方や行動パターンが違います。
今回紹介する事例は、あくまで一例としてご覧頂ければ幸いです。

 

中途面接での意地悪で難しい質問6選とその対策

shock

 

中途採用の面接官が使う、ちょっと意地悪な質問6選はこちらです。

  1. 将来どうなりたいですか?5年後と最終的なゴールを教えて下さい。
  2. 前職であげた最も大きな成果を具体的に教えて下さい。
  3. あなたが感情的になるのはどんな時ですか?
  4. 感情的にモノを言われた経験はありますか?また、その際どのように対応しましたか?
  5. 自分が一番リーダーシップを発揮したエピソードを教えて下さい。
  6. 「これなら誰にも負けない!」と自信を持っているものを教えて下さい。また、それについて他者から言われたフィードバックを教えて下さい。

1つずつ順番に解説していきます。

 

解説

将来どうなりたいですか?
5年後と最終的なゴールを教えて下さい。

Beautiful world

 

回答のコツは、
『専門職か総合職での最終目標を考えておくこと』です。

 

5年後までならよく聞かれますが、

「最終的なゴールは?」

と聞かれてしまうと困ってしまう方が多いのではないでしょうか?

 

その場しのぎの回答ではすぐに見破られてしまいますので、
答えを持っていないなら正直に伝えるしかありません。

 

とは言え、それでは的確な回答とは言えないので、やはり事前に準備しておくと安心です。

専門職であれば、特定分野において誰にも負けない「歩く辞書」を目指すのもよいでしょう。

総合職であれば、マネジメントやコーチ、コンサルといった人を動かすキーワードをベースに、具体的な役割を伝えるのがオススメです。

 

自分が最終的にどうなりたいのか、そのビジョンを持っている人は最初から印象が違います。

 

前職であげた最も大きな成果を具体的に教えて下さい。

Results

 

回答のコツは、
『会社に貢献できた実績を示すこと』です。

 

この質問は特にリーダー候補の採用面接で聞かれます。

リーダーには人を導くだけでなく、
強い気持ちで成果(結果)を求める「結果志向」が期待されています。

 

例えば、

「月に200時間以上働きました!」

という回答。

 

これは単なる『事実』であって、『成果』ではありません。

「こんなに頑張った!」系の回答は、面接官からすると
『成果を出せなかった人の言い訳』と解釈されます。

 

では、どのような回答がよいのでしょうか。

ずばり、『前職で最も会社に貢献できたこと』を伝えるのが一番です。

 

人に関することでも、売り上げに関することでも、業務改善に関することでも、何でも構いません。

『貢献』というキーワードで、自分にしか説明できない成果を説明しましょう。

 

あなたが感情的になるのはどんな時ですか?

angry

 

回答のコツは、
『感情を用いたコミュニケーションの重要性を認識しておくこと
です。

 

「感情的になる=子どもっぽい」

 

といったマイナスな印象を持ってしまう方もいるかもしれませんが、
感情的になるのは決して悪いことではありません。

 

人間は感情のある生き物です。

 

自分の気持ちや熱意を表現する手段として、
しっかりと感情を出してコミュニケーションができることは大事なスキルの1つです。

 

例えば、
『会社の中で安全に影響するような危険行為』を発見した場合、
あなたはどう振る舞うでしょうか?

 

他人事と思ってスルーする人は、はっきり言って仕事のできない人です。

 

多少感情的になったとしても、
その行為をすぐにやめるように大きな声で注意・警告することができる人こそ、
仕事のデキる人です。

 

ただし、感情的になる状況があまりにも自己中心的なものに聞こえる場合、
会社の中でコミュニケーションに関する問題が発生するリスクがある
と判断される可能性がありますので、注意が必要です。

 

後輩に対し、2度3度と同じ説明しなければならなくなったとき
➡ 自責でなく他責中心の考え方をしている可能性がある。
自分の言っていることが正しいと感じるとき
➡ 自分の意見を押し付けている可能性がある。多様性を尊重しない可能性がある。
集中して仕事をしている時に、他者が急に割り込んできたとき
➡ これで感情的になるのは自己中心的。

 

情的にモノを言われた経験はありますか?
また、その際どのように対応しましたか?

angry man

 

回答のコツは、
『感情的にならず、冷静に、臨機応変に対応する』です。

 

誰でも一度は、他者から暴力的な言葉を浴びせられた経験があるでしょう。

 

そのような苦しい状況の中でどのように対応したのかを確認することは、
困難な状況を突破するハンドリング能力や精神力を確認する上で有効な手段です。

 

この問いに対して、「これがベスト!」と言える解は存在しません。

それぞれの状況により、臨機応変に対応する必要があるからです。

 

参考まで、
私の経験上、理不尽に怒鳴ってくる相手に対しては、

『冷静になる + 傾聴(聞く)に徹する』

のが最も効果的でした。

 

相手が落ち着くまでじっと耐える必要があるので、かなりキツイですが…。

 

自分が一番リーダーシップを発揮した
エピソードを教えて下さい。

teamwork

 

回答のコツは、
『人を導いた実績を、簡潔なストーリーで説明すること』です。

仕事はチームでやるものですので、
いかに人をリードできる人財か、というのはよく重視されるポイントです。
以下のポイントをおさえた説明で、面接官をうならせましょう!
  • いかに困難な状況だったか
  • そのときの自分の役割は何だったか
  • どのように考え、どのように行動したか
  • 結果、どうなったか

 

「これなら誰にも負けない!」
と自信を持っているものを教えて下さい。
また、それについて他者から言われた
フィードバックを教えて下さい。

fight

 

回答のコツは、
『常に他者からのフィードバックに耳を傾け、それを成長の糧にすること』です。

自信があるということは、しっかりと自分を認めているということ。
自分を認めている人は、困難な状況に直面した際にも、
自分を見失うことなく適切な行動ができるとみなされます。
リーダーに特に重要な要素です。
そして、自分が一番自信を持っていることに対して、
他者からどんなフィードバックをもらったことがあるか、
それもよく重視されます。
こういった質問にも即座に対応できるように、
普段から人が自分のことをどう見ているのか、どう感じているのか、
積極的にフィードバックを聞く姿勢を持つとよいでしょう。

 

まとめ

summary

 

中途採用担当の面接官から飛んでくる「ちょっと意地悪な質問」について、
質問の背景や回答のコツも合わせて紹介しました。

 

中途面接では、応募者が即戦力で活躍してくれる人財かどうかを見極めるため、
難しい質問が飛んで来る可能性が高いです。

 

全ての質問を予想することは不可能ですが、
どのような質問でも自分の言葉で誠実に回答することが、
面接における最強の秘訣です。

 

【参考】なかなか合格がもらえない、そんなときは

img_nayamu_girl2
面接で合格するには、どうしたらいいんだろう・・・。

なかなか合格がもらえないと、悩みますよね。

 

面接は本当に難しいです。

なぜ難しいのかと言うと、『試験』ではあっても『テスト』ではないので、
「これが正解!」が存在しないからです。

では、どうすればいいか。

 

私の知る限り、最もコスパが良い最強の秘訣は『就職支援サービス』を受けることです。

 

具体的には、『転職エージェントを利用すること』です。

business_woman2_2_shock
え?何それ怪しい・・・

と思われた方は、転職エージェントを利用したことの無い方ですね?

そんな方のために、サクッと転職エージェントの魅力を紹介します。

 

  • サービスは全て無料!(※)
  • 転職のプロが徹底的にサポート
  • スキル分析、書類作成、面接準備、デモ面接など、必要な知識・体験をフルコンプできる!
  • 自力では見つけにくい優良求人の紹介もしてもらえる!
  • サービスに不満があるなら、解約(登録解除)はいつでも可能

※有料サービスを提供しているところもあります。

 

ひと昔前では考えられないほど、現代の就職支援サービスは超豪華です。

 

これで無料と言われると逆に怪しく感じますが、お金は就職が決まった企業から転職エージェントに支払われる仕組みのため、無料にできるのです。

はっきり言って、就職活動で悩んでいるなら、利用しない手はありません。

 

ぜひ一度、検討してみてください。

img_nayamu_girl2
でも、転職エージェントってたくさんあるから、どこがいいのかな・・・

という方は、私のおすすめを紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

おすすめの転職エージェント

①絶対王者、『リクルートエージェント』

img_computer_woman1_smile
とりあえず一つ登録してみようかな

という方に最適なのがココです。

 

業界最大手、コンビニで言えばセブンイレブンのような存在です。

実績もサービス内容も非の打ち所がなく、初めての方に最適です。

 

ただ、どんなサービスでも『完璧』はありえません。

担当者によってはサービスの質が良くなかったり、紹介してもらえる求人が思ったほど多くないこともあります。

そんなときは、担当を変える交渉をしたり、他の転職エージェントも併用するのがベストです。

 

公式HPはこちら ➡ リクルートエージェント転職支援サービス

 

②徹底的なサポートを求める人は、『UZUZ』

img_nayamu_boy2
転職エージェントって、サポートしてくれる時間が短いって聞いたことあるんだよな。時間をかけてしっかりサポートしてくれる所ないかな?

そんな方におすすめなのが、UZUZ(ウズウズ)です。

 

若くて小さな会社ですが、提供するサポートには、大手とは一線を画す覚悟を感じます。

平均サポート時間20時間という数字はその一つ。

大手ではありえない数字です(大手は数時間のところが多い)。

 

また、このUZUZを経営しているお2人(ひろさん、川端さん)のTwitterが激アツ!

ぜひフォローしてお2人のエネルギーをもらってください!

 

お2人のツイートを見ているだけで、いかに『本気』で『誠実』で『信頼できる』会社なのか分かりますよ。

 

ただし、紹介できる求人は多いとは言えないので、求人数の多い大手の転職エージェントと併用する形で利用するのがオススメの使い方です!

 

UZUZの公式HPは、下記リンクからどうぞ▼

 

①理系の方はコチラ ➡ 【UZUZ】

 

理系以外の方はコチラ ➡ UZUZ

 

 

 

【本の紹介①】面接官の意図を深く知りたい人向け

面接官の意図を知るには、面接官のために書かれた本を読むのが一番効果的です。

面接を受ける側ではなく、する側の立場を理解することで、
面接官の意図だけでなく、面接の目的や全体像なども体系的に学ぶことができます。

 

改訂版 上手な採用面接が面白いほどできる本 中経出版

 

【本の紹介②】面接攻略本

WEB面接のポイント、気を付けるべきマナー、質疑応答のコツ、企業研究の進め方など、面接の全体像を効率よく吸収したい方におすすめなのがこの一冊。

色々な面接攻略本を読んできましたが、私の中ではこの一冊が一番読みやすかったです。

 

面接の教科書 これさえあれば。 2023年度 

 

【面接】ちょっと意地悪な質問と対策【転職編】_rev
フォローはこちらから