【面接官直伝】「ご縁がありましたら」は要注意!面接官の言葉の解釈【20選】

(この記事は、2021年10月18日に更新しました。)

img_pose_shinpai_fukidashi_man

面接官の言葉に悩んでいる人

「面接官の言葉をどう解釈したらいいのか知りたい。「ご縁がありましたら」とか、「頑張ってください」って、実際どういう意味なんだろう?」

この記事は、このような悩みを持つ方に向けて書いています。

面接では、様々な質問やアドバイス、メッセージを面接官から受け取ります。

中には、

「それってどういう意味なんだろう?」

と、後になって疑問や不安に感じるものもありますよね。

本記事では、面接官がよく使う言葉の解釈方法について紹介します。

本記事の内容

  • 面接官の言葉が分からないときの解釈方法(コツ)
  • 面接官の言葉20選
  • 面接で合格を勝ち取る秘訣

注意事項

面接官も単なる一般人ですから、1人1人考え方や行動パターンが違います。
言葉に含める意味や意図も人によって異なりますので、一例としてご覧頂ければ幸いです。

面接官の言葉が分からないときの解釈方法(コツ)

good or bad

結論は、『プラス側とマイナス側の両方を考えてみる』です。

「ご縁がありましたら」

面接の中で、この言葉をもらった経験がある方は多いでしょう。

その場では、

「ありがとうございます。ぜひよろしくお願いします。」

と返すパターンがほとんどですよね。

でも、この「ご縁がありましたら。」という言葉、
意味や意図が分かりにくいんですよね。

結果、自己解決できないままその言葉が頭から離れなくなり、
合否判定の結果が出るまでずっと悩んでしまう
のです。

そういうときは、
『プラス側とマイナス側の両方を考えてみる』
のが効果的です。

プラス側とは、「企業が欲しい人財に向けたメッセージ」を指します。

マイナス側とは、「企業が採用に慎重になるときのメッセージ」を指します。

両方を考えた上で、その時の面接の状況と照らし合わせて、
どちらの解釈がしっくりくるかを判断する。

これで、かなり精度の高い推測が可能になります。

それでは、早速見て行きましょう!

面接官の言葉の解釈【20選】

  1. ご縁がありましたら
  2. 熱意は伝わりました
  3. 大丈夫です
  4. がんばってください
  5. なぜうちの会社なのか
  6. 当社に入った後で
  7. 責任感はありますね
  8. 第一志望ですか?
  9. 自信はありますか?
  10. えーと
  11. そうですね
  12. 他に受けている企業はありますか?
  13. 不採用だったらどうしますか?
  14. いつから来られますか?
  15. 緊張してますか?
  16. 落ち着いてますね
  17. 結構大変ですが、がんばれそうですか?
  18. 当社に内定したら、他社は辞退しますか?
  19. 最後に言いたいことはありますか?
  20. よろしくお願いします

1.「ご縁がありましたら」

プラスの解釈是非来てほしいけど、面接の中で採用を決定するわけにはいかない。
縁があることを伝えておこう。
マイナスの解釈正直わが社には合わないだろう。
縁のある会社を見つけてほしい。

この言葉は、はっきり言って
マイナスの解釈で用いられるケース(つまり不合格フラグ)がほとんどです。

似た言葉で、「機会がありましたら」も、同じく不合格フラグである可能性が高いです。

面接官の出す合格フラグ・不合格フラグについては別記事で詳しくまとめていますので、
興味のある方はご覧頂ければと思います。

合格・不合格のフラグやサインの解説【就職・転職】

関連記事

(この記事は、2021年10月18日に更新しました。)   面接を頑張った人 「これ、いけたんじゃない? 面接官ずっと笑顔だったし、気持ちよく質問に回答できたし! 長かった就活もこれで終わりね!」 &n[…]

interview_面接

2.「熱意は伝わりました」

プラスの解釈熱意を持っているだけでなく、それを伝えられるところが素晴らしい。
そもそも熱意が無ければこの業界で結果を出していくのは難しい。
是非わが社で頑張ってもらいたい。
マイナスの解釈熱意を持っている素晴らしい応募者だ。
だが、伝わったのは熱意だけで、内容(強み)はわが社に合うものではなかった。
この熱意と強みをストレートに活用できる企業が見つかれば大活躍するだろう。

3.「大丈夫です」

プラスの解釈応募者のパフォーマンスは十分に分かった。
わが社で活躍してくれそうなのは間違いない。この応募者は大丈夫だ。
マイナスの解釈 応募者のパフォーマンスは十分に分かった。
だが、その内容はわが社に合うものではない。
これ以上聞く必要はないだろう。

4.「がんばってください」

プラスの解釈この応募者は期待できる。
荒削りなところはあるが、磨けば確実に光るだろう。
是非わが社でがんばってもらいたい。
マイナスの解釈この応募者はとても優秀だ。
だが、そのポテンシャルをわが社で発揮するのは難しいだろう。
自分にぴったりの企業が見つかるまで、是非がんばってもらいたい。

5.「なぜうちの会社なのか」

プラスの解釈新しい価値観や考え方を持った若者だ。
もっと意見が聞きたい。
こういう多様性がこれからの時代には必要だ。
マイナスの解釈説明を聞いている限り、わが社を志望している理由が理解できない。
受ける企業や業種を再検討した方がよいだろう。

6.「当社に入った後で」

プラスの解釈この応募者の採用は間違いない。
わが社の魅力を伝えるために、入った後のことを積極的に話していこう。
マイナスの解釈説明を聞いている限り、求めている人財とはギャップがある。
入った後のことを話していけば、そのギャップに気づいてもらえるかもしれない。

7.「責任感はありますね」

プラスの解釈若いがしっかりしている。
将来リーダーとして成長できるポテンシャルがある。
マイナスの解釈責任感はあるのだが、他に特筆すべき点が見当たらない。
採用は難しい。

8.「第一志望ですか?」

プラスの解釈良い人財だ。
第一志望だったらすぐに合格通知を出そう。
マイナスの解釈話を聞いている限り、第一志望の感じがしない。
第一志望とは言っているが、いまいち信用できない。

9.「自信はありますか?」

プラスの解釈話している内容には自信が感じられる。
元気で良い応募者だ。
マイナスの解釈話しを聞いている限り、自信が感じられない。
自信の無さは自覚できているのだろうか?

10.「えーと」

プラスの解釈質問の回答が素早くて正確。とてもスマートな応募者だな。
次の質問はどうしようかな。路線変更しようかな。
マイナスの解釈質問の回答が全然的を得ていない。
どう質問したら分かってくれるだろうか・・・?

11.「そうですね」

プラスの解釈この応募者の発言には共感できるポイントが多い。
しっかりと相槌を打っておこう。
マイナスの解釈いまいち共感できないコメントだけど、
面接は議論する場ではないから、とりあえず先に進めよう。

12.「他に受けている企業はありますか?」

プラスの解釈良い人財だ。
他に受けている企業が無いなら確実に取りたい。
マイナスの解釈 残念ながらこの応募者の採用は見送りだ。
他の企業で選考を進めた方がよいだろう。

13.「不採用だったらどうしますか?」

プラスの解釈採用はほぼ間違いないが、
応募者の本気度をはかってみよう。
マイナスの解釈 残念ながらこの応募者の採用は見送りだ。
他の企業で選考を進めた方がよいだろう。

14.「いつから来られますか?」

プラスの解釈ぜひ欲しい。早く来て欲しい。
マイナスの解釈来月初めから来てもらいたいけど、大丈夫かな。
もしムリなら、残念だけど見送りだな。

15.「緊張してますか?」

プラスの解釈とてもまじめな応募者だが、肩がガチガチ。
リラックスしてもらうために、少し和ませる質問をしよう。
マイナスの解釈緊張し過ぎてて、質疑応答が進まない。
この調子だと、職場に配属された後も苦労しそうだ。

16.「落ち着いてますね」

プラスの解釈色々な質問を投げかけたけど、終始落ち着いている。
とても頼もしい応募者だ。
マイナスの解釈落ち着いているようにみえるが、いまいち真剣さが伝わってこない。
もしかしたら、第一志望ではないのかもしれない。

17.「結構大変ですが、がんばれそうですか?」

プラスの解釈元気もやる気もあって、大いに期待できる応募者だ。
最後に意気込みを聞いておこう。
マイナスの解釈やる気は感じられるが、体力的に少し心配だ。
後になって後悔させないように、しっかり説明して確認を取っておこう。

18.「当社に内定したら、他社は辞退しますか?」

プラスの解釈良い人財だ。是非取りたい。
できる限り、他社の就職活動は辞退してもらいたい。
マイナスの解釈質問の回答を聞いている限り、いまいち真剣さが伝わってこない。
本当にわが社を志望しているか確認してみよう。

19.「最後に言いたいことはありますか?」

プラスの解釈とても良い応募者だった。
気持ちよく面接を終わらせるために、言いたいことは全て言ってもらおう。
マイナスの解釈残念ながらこの応募者の採用は見送りだ。
少しでも前向きな雰囲気で退席させるために、言いたいことを言ってもらおう。

20.「よろしくお願いします」

プラスの解釈是非わが社に来て下さい!
マイナスの解釈将来、縁があったときはよろしくお願いします。

面接で合格を勝ち取る秘訣

ここまで読み進めて頂いたあなたは、もしかしたら

img_nayamu_girl2
面接官の言葉の解釈方法は分かったけど、
面接で合格するには、どうしたらいいの?

という疑問を持っていないでしょうか?

その疑問は正しい疑問です。

正直に言って、面接はとても難しいものですから。

面接は『試験』ではあっても『テスト』ではないので、「これが正解!」が存在しないのです。

とは言え、それでは何の解決にもなりませんよね。

私の知る限り、最もコスパが良い最強の秘訣は『就職支援サービス』を受けることです。

具体的には、『転職エージェントを利用すること』です。

business_woman2_2_shock
え?何それ怪しい・・・

と思われた方は、転職エージェントを利用したことの無い方ですね?

そんな方のために、サクッと転職エージェントの魅力を紹介します。

転職エージェントの魅力

  • サービスは全て無料!(※)
  • 転職のプロが徹底的にサポート(専属のパートナーが付くことが多い)!
  • スキル分析、書類作成、面接準備、デモ面接など、必要な知識・体験をフルコンプできる!
  • 自力では見つけにくい優良求人の紹介もしてもらえる!
  • サービスに不満があるなら、解約(登録解除)はいつでも可能
  • 転職ではなく新卒や第二新卒のサポートもあり!

※有料サービスを提供しているところもあります。

ひと昔前では考えられないほど、現代の就職支援サービスは超豪華です。

これで無料と言われると逆に怪しく感じますが、お金は就職が決まった企業から転職エージェントに支払われる仕組みのため、無料にできるのです。

はっきり言って、利用しない手はありません。

ぜひ一度、登録を検討ください。

img_nayamu_girl2
でも、転職エージェントってたくさんあるから、どこがいいのかな・・・

という方は、私のおすすめを紹介しますので、一度ご覧頂ければと思います。

おすすめの転職エージェント3選

①絶対王者、『リクルートエージェント』

img_computer_woman1_smile
とりあえず一つ登録してみようかな

という方に最適なのがココです。

業界最大手、コンビニで言えばセブンイレブンのような存在です。

実績もサービス内容も非の打ちどころがなく、初めての方に最適です。

ただ、どんなサービスでも『完璧』はありえません。

担当者によってはサービスの質が良くなかったり、紹介してもらえる求人が思ったほど多くないこともあります。

そんなときは、担当を変える交渉をしたり、他の転職エージェントも併用するとよいでしょう。

リクルートエージェントの公式HPはコチラ➡リクルートエージェント転職支援サービス

②23卒の方にオススメなのは『irodasSALON(イロダスサロン)』

business_woman3_1_question
転職エージェントって、転職者向きでしょ?新卒でも使えるの?

はい!使えます!

23卒の方におすすめなのが、irodasSALON(イロダスサロン)です。

多くの転職エージェントは、当然のことながら、転職者向きのサービスを中心としています。

イロダスサロンは、日本では数少ない『新卒専門の転職エージェント』なんです!

早いうちから準備をしていけば、ライバルよりも圧倒的に優位に立った状態で来年の本番を迎えることができますね。

桜の咲く頃に就職活動を終わらせられたら…最高ですね^^

イロダスサロンは日本最大級の就活コミュニティで、

2021年10月1日時点で6563人

2021年10月5日現在6648人

と、1日20人ペースで登録者が増えてます!

便利なアプリ(irodas)もあって、登録すればイベントの告知や企業からの特別オファーが来ることも!

気になる方は今すぐチェック➡irodasSALON(イロダスサロン)

③徹底的なサポートを求める人は、『UZUZ』

img_nayamu_boy2
転職エージェントって、サポートしてくれる時間が短いって聞いたことあるんだよな。時間をかけてしっかりサポートしてくれる所ないかな?

そんな方におすすめなのが、UZUZ(ウズウズ)です。

若くて小さな会社ですが、提供するサポートには、大手とは一線を画す覚悟を感じます。

平均サポート時間20時間という数字はその一つ。

大手ではありえない数字です。

また、このUZUZを経営しているお2人(ひろさん、川端さん)のTwitterが激アツ!

ぜひフォローしてお2人のエネルギーをもらってください!

お2人のツイートを見ているだけで、いかに『本気』で『誠実』で『信頼できる』会社なのか分かりますよ。

ただし、小さな会社ゆえ、紹介できる求人は多いとは言えません。

たとえば大手の転職エージェントと併用する形で利用するのが効果的です。

UZUZの公式HPは、下記リンクからどうぞ。

理系の方はコチラ➡【UZUZ】

理系以外の方はコチラ➡UZUZ

まとめ

本記事では、「ご縁がありましたら」など、意図が分かりにくい面接官の言葉の解釈方法について解説しました。

評価する立場の者とは言え、面接官も単なる人。

「良い人財だなぁ」と思えば、自然と笑顔になって本音が漏れてしまうものです。

ぜひ、面接官から本音を引き出せるような熱意あふれる面接をこころがけてください^^

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

また別の記事でお会いしましょう!

今回紹介した言葉の中には、「不採用だったらどうしますか?」といった、
『ちょっと意地悪に聞こえる質問』も含みました。

面接官が出す『意地悪な質問』については、その意図も含めて別の記事で詳しく解説していますので、興味のある方はご覧頂ければと思います。

【面接官直伝】新卒面接の意地悪で難しい質問10選と対策

関連記事

(この記事は、2021年10月18日に更新しました。)   就活生 「ちょっと、なにその質問!(心の声)」   面接の中で突然、想定外の質問が来て、ビックリしてしまった経験はありませんか? […]

面接_意地悪な質問

【面接官直伝】中途面接での意地悪で難しい質問6選とその対策【転職】

関連記事

(この記事は、2021年10月18日に更新しました。)   転職で面接を受けてる人 「えっ?なにその質問…(心の声)」   中途面接で、面接官から想定外の質問が飛んできて、 『ドキッ』[…]

【面接】ちょっと意地悪な質問と対策【転職編】_rev

【本の紹介①】面接官の意図を深く知りたい人向け

面接官の意図を知るには、面接官のために書かれた本を読むのが一番効果的です。

面接を受ける側ではなく、『する側』の狙いを理解することで、
面接官の意図だけでなく、面接の目的や全体像なども学ぶことができます。

改訂版 上手な採用面接が面白いほどできる本 中経出版

【本の紹介②】面接の教科書

WEB面接のポイント、気を付けるべきマナー、質疑応答のコツ、企業研究の進め方など、面接の全体像を効率よく吸収したい方におすすめなのがこの一冊。

色々な面接攻略本を読んできましたが、私の中ではこの一冊が一番読みやすかったです。

面接の教科書 これさえあれば。 2023年度

Interview_Passed
フォローはこちらから